WEB制作会社二度目の入社【就職活動】

一社目をクビになった私は次の会社を探すこととなる。
たかが3ヶ月程度でしかもガラケーサイトのデザインとコーディングしかできない私に
職を選ぶ権利はなく、またアルバイトで探すこととなりました。

親に仕送りもしてて自分の生活費でも精一杯だったので
さっさと職を決めないと非常にまずかった。
一応土日は以前していた結婚式の配膳のバイトをしてはいました。

この際WEBデザインに限らずWEBマーケティングの仕事をやってみようと思い
受けましたが、あっさりと落ちました。
当然です、勉強も全然せずに熱意もなかったので・・。

次に受けた会社は前の会社と少し繋がりがある会社でした。
前の職場のデザイナーさんがプッシュしてくれたおかげで
すんなり入ることとなりました。

いざ入社すると
また元水商売系の社長で成り上がり感が半端ない
私の大嫌いな気持ち悪いタイプの人間でした。

つかぶっちゃけWEB制作会社ってそういう元水商売系の人間の社長がめちゃくちゃ多いです。
なぜなら安い手持ち金で参入しやすいから。
なのでWEBデザインについてろくに知識がないトップの元で働くこととなります。

さて、いざ入社すると小汚いチビメガネのパイセンがつくことになりました。
そして席の隣はワキガがくっさい人というコンビネーション
新しいスタートに心打たれながら働くこととなります。

いざ働くこととなりましたが。
デュアルディスプレイでPCもwindows7、性能もなかなかでメモリが8Gありました
2012年でメモリ8Gはかなり高いです。
フォトショやイラレを同時起動でもそんなに重くない。

しかし

割り振られた仕事は
出会い系サイトのデザインとコーディング
おかしい・・・面接の時点ではそんなこと一切聞いていない

しかし出会い系サイトも詐欺に近いサイトを作らされることとなり
げんなりした私はやる気がみるみるうちに下がる。
更にphotoshop等が海賊版ということも事実。

とりあえずphotoshopの操作、コーディングのスピードをあげるためには
仕事を選んではいられない、必死にお客を食いつかせるような
デザインを作らないと試用期間でクビをきられることとなる。

とりあえずドット絵風の出会い系サイトを作ったが
理解してもらえずボツになりました。
次はキレイ目のデザインにしたがこれもボツ
一体何を作れば良いのかわからずじまいで
一週間の試用期間で退職することとなります。

能力不足というなの解雇ですね、うん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です